四柱推命 五行易 気学 タロット 霊気など
【道案内の占い 五行易】
一覧に戻る

「ペットを飼い始めたので、かかりつけの動物病院を決めたい。
だけど、どこの病院にしたらいいのかわからない。」

病院のホームページを見る。
口コミ情報を参考にする。
実際に行ってみる…etc

いろんな方法がありますが、どれも決め手に欠ける…
そんな時に、お勧めなのが「五行易」という占いです。

「五行易」は「断易」とも言われる、八面体のサイコロを2つ使った占いです。

物事のよしあし、進むか、やめるかを占うのに最適な方法です。

このコラムでは「五行易」を使った鑑定を実際の依頼から紹介していきます。


早速、クライアントからのご依頼を元に実際に見てみましょう。



イメージ1
「紹介所はどこを選ぶ?」

今回は、付き添いの紹介所を選びます。

依頼内容 「家族が入院することになり、付き添いの人が必要と、病院からの指示があった。

家族がカバーできない時間に、付き添いの人を雇うことになったが、どこの派遣先に頼めばよいか。」というご依頼です。

急ぎの事で、信頼できるケアマネさんから、付き添いの派遣先を3つ紹介してもらったのですが、

それでも家族の為、心配を減らしたいため、鑑定依頼をされました。

今回は「災いがない」ことをポイントにしましたので、お得意の官用神です。

1)A紹介所

日にち 卯月 甲申日 / 空亡 午未

用神 官用神

日辰 官鬼 月 兄弟    卦身両現

災いが強くでました。

災いを意味する「官鬼」は上爻と3爻に出て、卦身もついており、とてもアピールしていますね。

日にちに「官鬼」がついていることも、わかりやすいサインです。

官鬼を応援する財は休んでいるものの、動いて、三合し、官鬼のエレメントである「金」を強めています。

この災いを倒す「子孫」は4爻に隠れてしまい、力が弱いです。すぐに災いが出るでしょう。

イメージ2
2)B紹介所

日にち 卯月 甲申日 / 空亡 午未

用神 官用神

日辰 兄弟 月 財     卦身両現

官鬼は2爻に「世爻」(自分)がついて出ています。

そして1つだけ動いています。わかりすい注目サインです。

さらに日にちと合の関係が、「合住」。

これは、途中で止まって、動くに動けないという意味があります。

官用神でみていますので、これはとてもわかりやすいといえます。

応爻は「結果」や「相手」を意味しますが、「兄弟」爻です。

これは心情ではイライラ。破財という意味もあります。日にちにもついていますね。

「父母」に卦身がついていますので、心労もありそうです。

本人もあまり気がすすまない様子です。

イメージ3
(3)C紹介所

日にち 卯月 甲申日 / 空亡 午未

用神 官用神

日辰 財 月 父母     裏卦身 財申

「官鬼」は3爻に隠れています。

日にちには「財」がついて、官鬼を応援しますが、財自体は静かにしています。

初爻と2爻で、伏吟しています。

足元、目に見えない部分で、気になるところがあるかもしれません。

災いとしては隠れていますが、時間とともに、気に入らなくなるところが出てくるかもしれません。

ですが急を要することですし、短期間ならいいのではないでしょうか。

【まとめと結果】

【まとめ】
1)除外するとして、

2)と3)はどっちも一長一短あります。

他を探せればいいのですが、急ぎとのことですので、

災いは小さいですし、電話での感触で良いといっていた※3)でいいかもしれませんね。

 ※クライアントが1)~3)の紹介所にそれぞれ連絡したところ、

3)の紹介所が一番具体的な内容、頼める付き添いさんの年齢と名前を すぐに知らせてくれて、良かったとのことでした。

家族の病状から、付き添いを頼んでも一週間ぐらいだと思うとのことでした。


【結果】
上記の鑑定の時期は3月でしたが、晩秋になってクライアントから連絡がありました。

「以前、付き添いさんの紹介所を選ぶ鑑定結果から、C紹介所を選びましたが、

『災いとしては、時間とともに気に入らないところが出てくるから…短期間ならいい』とのことでしたが、

まさにその通りになりました。」

クライアントによると、鑑定した3月に付き添いさんを頼んで、

その時は特に何事もないまま家族は退院されたとのこと。

ところが、秋になって家族はまた入院することになり、

再び、同じ紹介所から付き添いを派遣してもらったそうです。

1ヵ月程すぎた頃、入院先の看護師から

「付き添いさんが仕事をしておらず、あてにならない」と知らされたとのこと。

驚いて、以前の鑑定結果をもう一度読み直してみると、

その通りの結果になったことがわかり、鑑定の確かさに驚いたということでした。

私も見直したところ、官鬼は「亥」について隠れておりました。

亥は11月です。

連絡をいただいたのは11月でした。

鑑定した時は春だったので、11月まで想定していませんでしたが、

五行易は先まで見通していたのかと、私も、改めて驚いた次第です。

五行易の結果は、
たとえば「NG」と出たことを選択しない場合、

それが本当にNGだったかどうかはわからない。

この選択でよかったのか?、どうかと思えるところがあったのですが

このケースは「NG」ケースで進んだ場合の結果を教えてくれています。

運命は決まっているものなのか、

変えられるものなのか、

それはすべて自分の選択次第です。

運命は、選択の連続の先にできてくるものだと私は考えています。

より良い選択ができるように、普段から意識していたいと思います。

一覧に戻る